イベント

■入試説明会を開催します
 バイオベースマテリアル学専攻では、9月19日(木)に修士課程第U期(10名程度)、博士課程第T期(一般、社会人5名程度)入試を行います。それに先立ち、直前の受験対策として受験生のための説明会を行います。 ご希望がありましたら、研究室見学も可能です。受験をお考えの方はこの機会に是非ご参加下さい。

日時 :令和元年9月6日(金) 11:00〜 12:00 (受付終了)、研究室見学は、午後、随時
場所 :京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス 14号館2階 S216室
申込方法: 事前申し込み不要(14号館2階 S216室へ直接お越しください)

問い合わせ先:バイオベースマテリアル学専攻事務室
          TEL:075-724-7887 / e-mail:biobased[at]kit.ac.jp (※[at]を@に変換してください。)

構内マップ


◆◆◆
皆さんはバイオベースマテリアルって、ご存知ですか?
最近話題の海洋汚染プラスチック問題解決の有力候補とみなされている次世代の生分解性のあるプラスチック材料です。
生分解性だけでなく、バイオベースマテリアルは石油資源を使わずに製造されるポリマー材料の総称なのです!石油資源の枯渇を防ぎ、二酸化炭素排出量削減がコンセプトです。
微生物が作るポリマーもその仲間です。微生物が自分の体の中に貯め込んでいます。セルロースやシルク、天然ゴムなどの植物資源を原料にするものも含まれます。

世界初のバイオベースマテリアル学専攻が京都工芸繊維大学に2010年4月に設立されました。
本専攻は、「バイオベースマテリアル(BBM)」に関する新しい材料科学・工学を切り拓く、研究者・技術者の養成を目標としています。
今世紀の中核素材とされているBBMの研究には生物工学、有機化学、高分子化学、高分子材料学、高分子物性学などの分野に加え、広範な分野を総合理解できる人材が必要です。
本専攻での研究・教育を通して、持続可能な循環型社会の構築とそれに伴う人材育成を目指しています。

環境問題を解決したいと真剣に思っている皆さん!
きっと皆さんのお役に立てる「こたえ」がここにあります!

皆さんのお越しを心よりお待ちしています。
◆◆◆